どちらが効果的?ロキソニンと湿布の違いにつて

腰が痛んだときに、自宅にロキソニンと普通の湿布と両方があったら、どちらを使おうと思いますか?かなり悩む方もいるのではないでしょうか?

ロキソニンと湿布、何か違いがあるのでしょうか?
 
今回は飲むロキソニンと貼るロキソニンテープ、そして一般的な湿布の場合で違いを比較してみます。

内服薬と外用薬の違い

ロキソニンというと、一般的には錠剤の頓服薬を想像する人が多いですよね。消炎鎮痛剤としてさまざまな診療科で痛み止めや解熱剤として処方されているポピュラーな薬です。

ですが、このロキソニンは錠剤タイプのいわゆる内服薬のほかに、外用薬といって直接痛いところに貼るロキソニンテープというものもあります。通常の湿布もこの外用薬に分類することが出来ます。

内服薬の特徴としては、胃や腸といった消火器官で吸収され、肝臓に運ばれ、さらに血液に乗って全身に影響を与えます。足も痛いし腰も痛いといったような時には、内服薬のロキソニンを飲むことで離れた場所の痛みも鎮静させてくれるという効果を期待することが出来ます。

ロキソニンテープや湿布のような外用薬の場合には、貼った部分だけにその作用が留まることになります。例えば腰が痛いし足が痛いという場合には、腰にも足にもロキソニンテープや湿布を貼らなければ、双方の痛みを鎮静させる効果は期待することが出来ません。ですが、他の部分に大きな影響を与えないでピンポイントで成分を届け、効果を発揮させることが出来るというメリットがあります。

 

Point! 内服薬は体全体に成分が行き渡り、外用薬は作用させたい部分にピンポイントで効果を発揮させる事ができる。

 

ロキソニンテープと一般的な湿布の違い

ロキソニンテープと一般的な湿布にも違いがあります。
ロキソニンテープは医療医薬品といって、基本的には医師の処方箋がなければ調剤をしてもらうことが出来ず、調剤薬局で薬剤師さんの説明を受けて利用することになる医薬品です。

一方でドラックストアなどで普通に購入することが出来る湿布は、市販薬といって医師の処方箋や薬剤師さんの説明がなくても普通に購入することが出来るものが多くなります。

この違いは、薬に含まれている成分の違いになります。
ロキソニンテープには「非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSAIDs)」と呼ばれる効果を持つ成分である「ロキソプロフェンナトリウム水和物」という成分が含まれています。これは消炎鎮痛効果が高い成分の一つですが、効果が高い分副作用も懸念される成分にもなっています。

一方で市販薬の中には消炎鎮痛成分ではなく血行をよくして痛みの元になる成分を排出しやすくすることで痛みを軽減させる効果を持つものがあります。効果は緩やかな分、重篤な副作用が少ないという利点があります。

一般的な市販薬の湿布の中にも、実はロキソニンテープと同じようにNSAIDsの成分が含まれるものもありますので一概に市販薬の湿布は副作用が少ないとは言い切れません。

  • 血行をよくして痛みのものとになる成分を排出しやすくする湿布を「第一世代」
  •  NSAIDsを含む痛みを軽減させる効果をもつ湿布を「第二世代」

と分けて呼んでいて、市販薬でも第二世代の湿布はロキソニンテープと同じような効果を持つと考えることができます。
ただ、ロキソニンテープのように効果が非常に高く副作用の心配がある市販薬は薬剤師さんの書面での情報提供が必要な第一類医薬品や第二類医薬品に分類されています。

実はロキソニンテープもスイッチOTCといって医療医薬品を市販品として販売できるようになっている市販薬もあるので、市販品の湿布はロキソニンテープに比べて効果が薄いとは言い切れなくなってきています。

Point! 市販薬で特に薬剤師さんの説明を聞かずに購入できる湿布の多くは血行を改善させて痛みの元になる物質の排出を促すもので、ロキソニンテープのような医師の処方箋に基づいて調剤薬局で購入する湿布や第二世代の湿布などは痛みを和らげる成分であるNSAIDsが含まれているので痛みを抑える効果がある湿布である。

 

ロキソニンとロキソニンテープと市販薬の違い

簡単に内服薬と外用薬の違い、そしてロキソニンテープと市販薬の湿布の違いを見ていきましたが、なんとなくその違いは理解できたでしょうか?

ここで一度ロキソニン(内服薬)とロキソニンテープ(外用薬)と市販薬(第一世代の湿布)の違いをまとめてみましょう。

内服か外用か 効果が作用する範囲 どのような効果か 副作用の強さ
ロキソニン 内服 全身 消炎鎮痛効果 比較的強い
ロキソニンテープ 外用 局所的 消炎鎮痛効果 強く表れることがある
第一世代の市販品 外用 局所的 血行を良くする あまりない

大まかにまとめるとこのようになります。

 

腰痛の種類に合わせて選ぶことが大切

腰痛と一言でいっても色々なタイプの腰痛があります。

  • ぎっくり腰のように急激に痛みを感じる場合には、できるだけ素早く痛みを抑えたいので、ロキソニンテープのような局所的に痛みを抑えることが出来る消炎鎮痛効果を持つ湿布があっていることになります。
  • 慢性腰痛といって鈍い痛みが3カ月以上続いているような場合には、腰回りの血行を改善させて痛みの成分である老廃物の排出を促す第一世代の湿布の方が向いていることがあります。
  • 転んでしまったりして腰だけではなく足などにも痛みがある場合には、全身に消炎鎮痛効果を発揮させることが出来る内服薬のロキソニンがあっているという事になります。

痛みを解消したいという目的は同じものだとしても、ロキソニン(内服薬)とロキソニンテープ(外用薬)また第一世代の湿布で、痛みの解消方法が異なるために選ぶべきものも変わってきます。

またロキソニンやロキソニンテープのように副作用を持つ医薬品は、人によっては使用することが出来ない場合もあります。

皮膚に貼るタイプの外用薬は皮膚の状態が悪い人や弱い人などは皮膚を痛めてしまう危険性があるので利用できない場合もあります。
慢性疾患などがあり他の医薬品を利用している人の中には内服薬を飲むことで飲み合わせが悪いものもありますので、一概にこの症状はこれを利用しましょうということはできません。

  • 不安がある場合いは必ず医師や薬剤師に相談をすること。
  •  15歳未満の方は基本的にロキソニンもロキソニンテープも市販の湿布も自分の判断だけで利用しない。
  •  医療医薬品は家に余っているものでも基本的には医師や薬剤師の指示がなければ利用しない。

このような注意点を守って選択することが必要です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ