ぎっくり腰になった時ブロック注射は効果あるの?副作用は大丈夫?

強い痛みを素早く解消する方法として、ブロック注射というものがあります。ご存知でしょうか?

このブロック注射というのは神経やその周辺に局所麻酔薬を注射するというもので、素早く痛みを抑えることが出来ますが、ぎっくり腰の痛みに対しても効果があるのでしょうか?

またこれだけ早く痛みを収める治療方法ということもあり副作用についての心配もあります。

そこでぎっくり腰に対してブロック注射が効果的なのか、また副作用はどうなのかをまとめてみました。

 

ブロック注射治療とはどのようなものなのかを詳しくチェック

 

ブロック注射は正式には神経ブロック注射治療といいます。痛みがある部分の神経の近くに局所麻酔薬を注射することによって、神経の興奮を収めて痛みを緩和することができる治療方法になります。

ペインクリニックや麻酔科などで受けることが出来る治療で、整形外科でも麻酔科の医師がいる施設であれば外来でも受けることが出来る治療です。

痛みのある場所の神経の近くに注入された局所麻酔薬は、神経の興奮を収めて痛みを緩和するだけではなく、局所麻酔薬を注入した部分の筋肉をほぐして血流を改善させるという効果もあります。つまり、血行を改善させてくれるという働きをしてくれます。

血行が改善されると、痛みの元となっている老廃物がスムーズに排出されていくために痛みが早く軽減されます。また血行が改善されることで栄養素や酸素がしっかりと届くようになるため、筋肉が損傷してしまった部分の修復を早め、痛みが起こる根本を早く治すことができる治療方法です。

ブロック注射は局所麻酔薬を利用するために痛みがある部分にのみピンポイントで効果を表すことが可能で、全身への影響も少なくなっています。外用薬では届きにくい奥の方に痛みの原因がある場合でも、ブロック注射であれば素早く痛みを抑えることが出来ます。

腰の痛みがある場合には大抵の方が整形外科を受診しますが、整形外科では主に「星状神経節ブロック(せいじょうしんけいせつぶろっく)」というブロック注射か、「腰部硬膜外神経ブロック(ようぶこうまくがいしんけいぶろっく)」のどちらかを行うことが多くなります。

「星状神経節ブロック」は主に上半身に効果を示すブロック注射で「腰部硬膜外神経ブロック」は主に下半身(おへそから下)に効果を示すブロック注射になりますので、ぎっくり腰の場合には「腰部硬膜外神経ブロック」を行う事になります。

 

腰部硬膜外神経ブロック注射がぎっくり腰に対して効果があるのか

ブロック注射の中でもおへそから下の痛みを緩和することができるのがこの「腰部硬膜外神経ブロック注射」と言われています。

この腰部硬膜外神経ブロックは、脊髄神経の周りにある空間に局所麻酔薬を注入します。脊髄に近い神経に対して局所麻酔薬が効果を表すため、比較的治療効果が高く、さらに即効性が期待できるという特徴を持っています。

おへそから下の痛み全体に対して非常に効果的に働くブロック注射方法で、ぎっくり腰に対しても痛みを緩和する効果が高くなっています。強い痛みを感じるぎっくり腰でも、たった一回の腰部硬膜外神経ブロック注射で治ってしまうこともあります。

この腰部硬膜外神経ブロックは、局所麻酔薬を注入してから10分後くらいには効果が出てきます。

背中やお尻のあたりの筋肉がほぐれ始め、痛みが和らいでくるのを感じることが出来ます。注射をして30分ほどは安静を保って点滴治療を受ける必要がありますが、血圧や全身状態の観察をして問題がなければこの短時間で治療が終わってしまいます。

ぎっくり腰の強い痛みを素早く緩和することが出来る治療方法として、ブロック注射は非常に効果が高い治療法ということができます。

 

ブロック注射はすごく痛いって本当?

ブロック注射は神経のすぐ近くに局所麻酔薬を注入するという治療方法になるため、そもそもブロック注射をすること自体がとても痛い。という話を聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

よく歯を抜歯するときに抜歯をする痛みよりも歯茎に打つ麻酔の注射の方が痛いという人もいますが、確かにブロック注射も痛みが強い注射になります。まさにとび上がるほど痛い注射ということもできます。

ですが、最近では歯医者さんでも麻酔の注射を打つ前に歯茎の表面に麻酔薬を塗って感覚を麻痺させてから麻酔薬を注射したり抜歯を行うといた段階を踏むことが多くなったのと同じように、ブロック注射を打つための前準備として痛み止めを注射することが多くなります。

ブロック注射で使われる針は薬0.9mmという一般的な予防接種などで使われる針0.6mmにくらべて太い針を使いますが、ブロック注射の前に打つ痛み止めの針は約0.5mmと細いものを使いますので、予防接種を打つ時の痛みよりは痛みが合少なくなります。

この痛み止めが聞いたことを確認してから、ブロック注射の本番となる0.9mmの針を使た局所麻酔薬の注入を行いますので、とび上がるほど痛いということがありません。

もともとぎっくり腰の強い痛みを感じているため、痛み止めの注射がいつ打たれたのか分からなかったというのが、ぎっくり腰でブロック注射を受けた人の大半の方の感想になっています。
 

ブロック注射で副作用は起こらないのか!?

 

これだけ素早く痛みを解消することが出来るブロック注射ですが、心配になるのは副作用ですよね。効果が高い医薬品ほど副作用も強いと言われていますが、ブロック注射の場合はどうなのでしょうか?

ブロック注射の一番の副作用は注射の痛みです。針を刺す痛みが主な副作用と言われていますが、これは先ほども紹介したとおりにほとんどの方がブロック注射の痛みよりもぎっくり腰の痛みの方が痛く、また事前に痛み止めの注射を行うためにほとんど問題がないレベルになっています。

ただ、注射を打つということで、針の穴から感染症の原因となる細菌やウィルスが侵入するといった懸念や、出血してしまうという懸念、さらに神経障害が出てしまう危険性などは考えられます。

ただ、これらの発症頻度については、0.05%~0.001%と非常に低い頻度になっています。ブロック注射を専門的に行うことが出来るペインクリニックや麻酔科専門医師がブロック注射の治療を行えば、さらにこの頻度は下がり副作用が起こる危険性は低くなっています。

ブロック注射では局所麻酔薬を使うために中毒にならないかという心配を持つ方も多いようですが、ブロック注射で利用する局所麻酔薬は麻酔中毒を起こしてしまう量の5~20%以内になるため中毒性についても問題がありません。

 

ブロック注射ですぐにぎっくり腰が治るの?

 

ぎっくり腰のあの痛みを素早く緩和することが出来るブロック注射ですが、先ほど一回の治療でもぎっくり腰が治ってしまう事もあると紹介した通り、実は一回の治療で必ずしもぎっくり腰の痛みが治ってしまうわけではありません。

1週間に1回の注射を4回~5回ほど続けることが一般的になっています。初めてブロック注射をしてから、徐々に痛みが緩和していき軽減していくという過程を経て痛みを緩和していきます。

ブロック注射を続けてみても、また同じような痛みがぶり返してしまうという人も実はいます。このような場合には筋肉の損傷による痛みや炎症による痛みではなく、別の原因があってぎっくり腰を起こしてしまった可能性がありますので、根本的な原因を探る必要があります。

このようなケースでただブロック注射を漠然と続けても痛みの緩和は一時的なものとなってしまいますので、別の選択肢を選ぶ必要があります。

ブロック注射とブロック注射の間に痛みが軽減していき、最終的に痛みが治まっていくことができるのが、ブロック注射治療の理想的な経過となっています。ブロック注射によって筋肉が緩み、血行が改善されて痛みの元の老廃物がキレイに排出できるようになり、筋肉や靭帯、筋膜などの損傷が修復されたということになりますね。

 

ぎっくり腰になった時にはブロック注射がおすすめ!

ぎっくり腰の非常に激しい痛みの場合には、ブロック注射はお勧めです。ただし、ブロック注射を専門的に行うことが出来るペインクリニックや麻酔科医がいる医療施設で治療を受けるようにしましょう。

ペインクリニックや麻酔科医がいる医療施設であれば、副作用などのリスクが低い状態で素早く痛みを取ることが出来ます。

繰り返しブロック注射治療を受けて痛みが軽減していくことができれば、ぎっくり腰に効果的な治療ということができます。ただ痛みが軽減しない場合などはしっかりと原因を調べる必要もあります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ